MENU

国宝臼杵石仏公式ブログ

記事アーカイブ:

皇帝ダリア

チケット売り場の横を流れる小さな川に、皇帝ダリアが咲いています。

なかなか珍しいみたいで、たくさんのお客様から

『あの花は何ですか?』

と聞かれます。

背がとても高く、花は下を向くように咲いていますが、とてもキレイです。

写真を撮ろうと思ったら、いい被写体が!笑

天気が良ければもっと良かったのかもしれませんが
ハチがいることによって花の良さが更に引き立つような気がします。

今日の石仏は、今年一番の寒い朝を迎えました。

でも、午前中に『寒い寒い』と言ってマフラーをして、手袋をして完全防備で
石仏内を歩いていると、北海道からお越しになった女性とお会いしました。

私はひたすら寒い寒い言っているのに、その方は

『このくらい何とも無いよ、平気だよ。雪がないのがとてもうらやましい』

とマフラーも手袋もせず、コート一枚を羽織ってとても元気に歩いていました。

同じ日本の一番北から来られたお客様。

ここ大分とは全然違う生活をされているんでしょうね。

一日は雪かきからはじまるそうです。

また機会があれば今度は夏にお待ちしております。

番外編!「二王座歴史の道」

先日、臼杵の町中を散策してきました。

地元の人間でも、なかなか景色を楽しみながら、のんびりと歩くことがないのですが
やはり古い町並みを歩くと、心が和みます。

二王座歴史の道にはたくさんのお寺があります。

旧真光寺の近くを歩いていると写真展が行われていました。

普段は無料休憩所として開放されているスペースに市内の方の作品が
たくさん展示されていて、石仏や蓮の写真などもいくつかあり、とても見ごたえがありました。

写真展は12月10日までですのでお近くの方は是非行ってみてください。

テレビCM、ポスター等でおなじみの、旧真光寺前の石畳です↓

この日は天気も良く、空もキレイで、散策日和でした。

でも実は雨の日も、石畳が黒く輝き、晴れの日とはまた違った表情を見せてくれます。

二王座歴史の道は石仏から車で約15分です。

石仏の紅葉

今朝の石仏の様子です。
石仏は、少しだけ紅葉が楽しめる季節となりました。

右側のおおいやには、山王山石仏があります。

古園石仏から、石仏公園を見た景色です。
イチョウが、とても綺麗に紅葉しています。
右側には、蓮の花の、ガクの畑が見えます。

左側は石仏公園で、今日はめずらしく霧が見えました。
外国の方に、よく、「あの煙(霧)は、温泉ですか?」と聞かれます。

美しい景色に囲まれて、石仏もお喜びのようです。

石仏入り口にて

朝の石仏入り口です。

山道の杉並木に朝日が差し込み、さわやかで、清々しい秋の朝をむかえます。

杉の木の下にはアジサイ、右上には泰山木。

たくさんの木や花達が、わたし達を出迎えてくれます。

石仏のお参りの前には、清浄香で身を清めてからお参り下さい。

お香の香りで穏やかな気持ちで仏様に手を合わせ、自らと向き合ってみてはいかがでしょうか?

「臼杵っこガイド」

11月19日(土)午前中、
「臼杵っこガイド」が臼杵石仏をご案内します。

臼杵っこガイドとは、
「臼杵大好き ”臼杵っこ” 検定」 で90点以上を取り、
臼杵っこガイド講習を受講した、小中学生です。

8月19日、10月29日も、石仏の前でガイドをしてくれました。
ていねいで、一生懸命な姿に、
皆さんが笑顔で拍手を贈っていたのが、
印象的でした。

当日、臼杵石仏へお越しの際は、
臼杵っこガイドの活躍を楽しみにしていて下さいね。

↓今日の石仏の風景です。
きれいな秋空です!

TOP