MENU

1/21(木)~1/26(火) 営業時間のお知らせ  (2021年01月21日)

期間:1/21(木)~1/26(火)  営業時間:6時~18時(通常営業時間)

上記期間は、夜間一定以上の気温となる予報が出ましたので、通常の営業時間といたします。(シャッターによる温度管理を一時停止)

※1/27は、6時~17時(最終入館16時30分)
※1/28以降、営業時間短縮(8時30分~17時)へ変更の可能性有り

<English>
We have some new information to share about a change in our opening hours.

Jan.21-Jan.26: Open at 6:00am  Close at 6:00pm 
During the above period, if the temperature is not below 0 degree, we will keep our normal business hours.

*Jan.27:Open at 6:00am  Close at 5:00pm (Last admission at 4 :30pm)
*After Jan 28th, we may change our business hours depending on the temperature.

In case the temperature is lower than 0, we will be closing our facility in order to protect our Buddha statues from damages due to cold weather.

We appreciate your understanding.

Thank you.

うすせきぶつがいぶつ

古園石仏大日如来像に代表される国宝臼杵石仏(磨崖仏)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われています。誰がどのような目的で造営したのか、はっきりとしたことは分かっておらず、今もなお多くの謎に包まれています。
その規模と数量において、また彫刻の質の高さにおいてわが国を代表する石仏群であり、平成7年6月15日には磨崖仏としては全国初、59体が国宝に指定されました。

石仏群は4群に分かれ、地名によって、ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏)、ホキ石仏第2群、山王山石仏、古園石仏と名づけられています。
それぞれに傑作秀作ぞろいであり、表情豊かな御仏の姿は、みる者の心にやすらぎをあたえてくれます。
その後、平成29年9月に古園石仏群の入口にある2体の金剛力士立像が国宝に追加指定され、現在は61体すべての磨崖仏が国宝に指定されています

TOP