MENU

イベント情報

3/24(火) 報恩法要中止のお知らせ/Cancellation Announcement of Hōon Hōyo(on March 24th),due to Novel Coronavirus Outbreak】

                                                                                                 English is below.

先日お伝えしましたように、3/24(火)に予定しておりました、「国宝臼杵石仏報恩法要」は、中止いたします。

 新型コロナウイルス感染拡大予防のための措置となりますので、何卒、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 なお、臼杵石仏は通常通り営業しております。

We cancelled “Hōon Hōyo(on March 24)”, due to prevent and minimize the spread of the novel coronavirus.

We apologize for any inconvenience and appreciate your understanding.

Incidentally, We are open as usual.

2/16(日)紫外線照射・保存作業一般公開

紫外線照射・地蔵十王像

**************************************
 日時:令和2年2月16日(日)9時半~13時半
 場所:ホキ石仏第二群
**************************************
 ※見学ご希望の方は、直接ホキ石仏第二群へお集まりください

毎回大好評の、紫外線照射保存作業一般公開が行われます。
今回はホキ石仏第二群です。

臼杵石仏は、自然環境の中にあることで、劣化しやすいため、毎年、保存作業を行っております。
石仏が彫られている地層は、約9万年前に阿蘇山噴火の際、流入した噴出物が冷え固まって形成された「阿蘇溶結凝灰岩」と呼ばれるものです。

これは、水分を多く含む柔らかいため、コケやシダが生えやすく、放置しておくと表面がボロボロに傷付いてしまいます。
そこで、定期的に除去する作業が必要になるのです。

このために行われる作業が「紫外線照射」です。
湿気の少ない秋から冬にかけて、岩に害のない紫外線を当て、付着した植物を枯死させた上で取り除きます。

これは、臼杵石仏で開発された国内初の画期的な技術です。
今後も臼杵石仏をよりよい状態で後世へ伝えていくため、定期的にこの作業を行います。

期間中は機材を設置し、担当者が作業を行いますので、観覧に来られたお客様にはご迷惑をおかけすることと思いますが、文化財保護のためにご理解とご協力をお願いいたします。

当日は、普段は入ることのできない柵の中に入っての見学となります。
みなさま、ぜひこの機会に文化財の保存現場に立ち会ってみませんか?

2/2(日)「ひゃくすた(節分バージョン)」のお知らせ

 

2月の「ひゃくすた」を下記日程にて開催します。

日時:令和2年2月2日(日)、午前8時~11時
場所:臼杵石仏公園

「ひゃくすた」は、臼杵のほんまもん野菜を中心としたオーガニック朝市です。

今回は、節分に合わせて「豆まき」も行います!ご家族やお友達とご参加下さい。

また、ほんまもん野菜をふんだんに詰め込んだ特製「恵方巻」も登場します。
臼杵の大地が育んだ食材で作った縁起物。この地で集い味わうことで、効果も美味しさもアップしそうですね!
今年の恵方は「西南西」。
石仏公園に立つと、ちょうど石仏(ホキ石仏第2群がより近いかな?)の方向です。阿弥陀如来様・大日如来様・・・思い浮かんだ石仏を遠くに臨み、願いをとなえながら召し上がりませんか?
みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

1/27(月)特別祈願法要 Special Buddhist Ceremony

古園石仏前にて読経

古園石仏前にて読経

下記日程にて、今年最初の特別祈願法要を執り行います。

*English is below

日時:令和2年1月27日(月)、午前11時~(30分程度)
場所:国宝臼杵石仏、古園石仏群前
お問合せ先:臼杵市観光情報協会 TEL:0972-64-7130

特別祈願法要とは、臼杵市仏教会の僧侶の皆様の読経と共に古園石仏群の前に設置された「御祈願箱」に投函された「御祈願書」を、祈願奉納するものです。

1月に入り、参道に降り注ぐ陽も明るく長くなり、改めて新春を実感させられるこの頃です。

仕事や学校、地域活動など日常が動き始めた今週、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

このあたりで、静かに読経を聞き今年の意を今一度誓ってみませんか?
参列された方には、大般若経の経典本の風を受けていただき、安寧を御祈願致します。

これは、写真のように頭上ではたはたと振られた経典本の風受け、両肩をポンポンと叩くものです。
ぜひこの機会に体験されてみませんか?

経典の風を受ける参加者

経典の風を受ける参加者

——————————————————————————-

Date: Monday, January 27, 2020, at 11:00AM (the ceremony will last around 30 min.)
Venue: Furuzono-Sekibutsu of the Usuki Stone Buddha, 804-1 Fukata, Usuki-shi, Oita.
(For access, please refer to the site https://sekibutsu.com/english )

Buddhist Ceremony will be conducted to present prayer letters stored in the prayer drop box in front of Furuzono-Sekibutsu with the sutra chanting by the monks.

Attendees will receive wind of Daihannya-kyō (Mahāprajñāpāramitā Sūtra, Large Sutra on Perfect Wisdom) to purge noxious vapors and to pray for peace.

Given the first ceremony of the year 2020, why don’t you join to listen to silence and sutra as well as make a yearly resolution?
You will also feel happy new year by walking the approach of the Usuki Stone Buddha where sunlight glows to greet you.

We look forward to your attendance.

 

1/19(日)紫外線照射・保存作業一般公開

紫外線照射・地蔵十王像

**************************************
 日時:令和2年1月19日(日)9時半~13時半
 場所:ホキ石仏第1群
**************************************
 ※見学ご希望の方は、直接ホキ石仏第一群へお集まりください

毎回大好評の、紫外線照射保存作業一般公開が行われます。

臼杵石仏は、自然環境の中にあることで、劣化しやすいため、毎年、保存作業を行っております。
石仏が彫られている地層は、約9万年前に阿蘇山噴火の際、流入した噴出物が冷え固まって形成された「阿蘇溶結凝灰岩」と呼ばれるものです。

これは、水分を多く含む柔らかいため、コケやシダが生えやすく、放置しておくと表面がボロボロに傷付いてしまいます。
そこで、定期的に除去する作業が必要になるのです。

このために行われる作業が「紫外線照射」です。
湿気の少ない秋から冬にかけて、岩に害のない紫外線を当て、付着した植物を枯死させた上で取り除きます。

これは、臼杵石仏で開発された国内初の画期的な技術です。
今後も臼杵石仏をよりよい状態で後世へ伝えていくため、定期的にこの作業を行います。

期間中は機材を設置し、担当者が作業を行いますので、観覧に来られたお客様にはご迷惑をおかけすることと思いますが、文化財保護のためにご理解とご協力をお願いいたします。

当日は、普段は入ることのできない柵の中に入っての見学となります。
みなさま、ぜひこの機会に文化財の保存現場に立ち会ってみませんか?

TOP