MENU

国宝臼杵石仏公式ブログ

記事アーカイブ:

蓮の種 成長日記②

10日目の様子

10日目の様子

約10日前、水にぽとんと落とした蓮の種、3日後に芽が出ました。
その後、蓮畑の泥を汲んだバケツに植替えたところ、20センチほどに成長しております。
毎日、見る度にぐんぐん伸びていきます。
ちょっと細いので、泥に埋もれてしまわないかと心配ですが、さすがは蓮、上手にくるっとうずを巻きながら伸びている様子。
通常、3年間かかるといわれる開花までの期間ですが、早いケースでは1年で咲かせたという話もあります。
さて、この令和3年9月生まれの幼い芽、何年後に大輪の花を咲かせてくれるかな?

秋のお彼岸とホキ石仏第2群

秋晴れの石仏

秋晴れの石仏

連休初日、臼杵石仏では秋晴れの空が広がっております。

 今年も秋のお彼岸が近づいてきましたね。
2021年秋のお彼岸は、秋分の日(9/23(木・祝))を挟んだ前後3日間、
9/20(月・祝)~9/26(日)です。

 仏教の世界では、この世(此岸)は東に、あの世(彼岸)が西にあるとされています。

秋分の日・春分の日は、太陽が真東から昇り真西に沈むことから、この世とあの世が最も近づく日と考えられています。

 臼杵石仏でも、こうした構想を見ることができます。

ホキ石仏第2群第2龕 真ん中の阿弥陀様の額に朝陽が射す

ホキ石仏第2群第2龕 真ん中の阿弥陀様の額に朝陽が射す

ホキ石仏第2群第2龕には九品の弥陀という阿弥陀如来様が並んでいますが、その真ん中に座る阿弥陀様の額に秋分の日・春分の日には、朝日が射すのです。

九品の弥陀(彼岸)から見た満月寺方面(東・此の世)

九品の弥陀(西・彼岸)から見た満月寺方面(東・此の世)

 九品の弥陀は、人が亡くなった後、西方にある極楽浄土へ導いてくれる仏様です。人の一生を太陽の軌跡になぞらえて、この世からあの世へ、すなわち東から西へ、という太陽の動きが石仏群の配置に示されているのですね。

 平安時代にこうした計算を組み込んだ設計がなされていたことを考えると、改めて石仏群を造営した仏師集団の質の高さを思い知らされるものです。

 さて、今年のお彼岸、みなさまがご先祖様の供養や故人を忍びながら、穏やかな時間を過ごされますよう、仏の里より願っております。

カエルに大人気のスポット?

ポール

石仏の入り口にある、何の変哲もないポール…。

このポール、タイトルの通り、カエルたちに大人気の場所なんです!

以下、カエルの写真が続きます…。

苦手な方はお気を付けください。

 

 

 

カエル 1

まずは一匹。

 

カエル 横1

こちらもチェーンの上でひと休みの一匹。

 

カエル 3

そして三匹。

 

 

カエル 4

4匹。

 

カエル 5

 

そして5匹。

 

カエル 6

最後に6匹…。

 

カエル 6

こちらも6匹。

ポールの横に落ち着いて、静かに一休みしているカエルもいますね。

カエルたちをひきつける何かがあるのでしょうか…。笑

これは同じ日ではなく、日にちも時間もバラバラです。

見る度に数が変わっています。

カエル ま

そして清浄香の石碑の文字の中にも!

 

カエル き

カエル 本

気が付いたらこの文字の隙間でじっとしているので、ここに入る瞬間が見たいなぁと思うのですが、なかなか。

「今日は何匹乗っているかなぁ?」「今日はどの文字の中にいるかなぁ?」と毎朝の小さな楽しみとなっています^^

 

 

 

中間地点の色

 

白から濃いピンクへ変わる途中

白から濃いピンクへ変わる途中

石仏を流れる川に咲く酔芙蓉。
朝から夕方にかけて、白から濃いピンクへ変化します。

午後2時、ちょうど中間地点では、淡いピンク色をしていました(左の花は散る前のもの)。

淡いピンク色

淡いピンク色

 先日、「美仏総選挙2021」の中間発表のお知らせしましたが、10月末まで続きますので、ちょうど中間地点です。

季節や世相によっても、心に残る石仏は変わってくるかもしれませんね。今後の動向が楽しみです。

 参道に咲く様々な季節の花を見るように、個々の石仏の前で立ち止まり、じっくりご覧になる方が多くなり、大変嬉しく感じております。

蓮の種の収穫と成長(蓮、成長日記①)

種を採っているところ

種を採っているところ

石仏売店で販売中の蓮の種、どんな風に採れると思われますか?

 花の散った後に残る花托には、ハチの巣状に穴が空いています。
一つの花托には約20個の穴が空いており、各穴の中に黒いコロンとした種が一つずつ入っています。

 花托が青いうちは、種も養分を吸収するため穴にしっかり付いていてなかなか外れません。
ふかふかのベッドという感じです。

花托が乾燥してくると、穴が大きくなり種がこぼれ落ちやすくなります。
しかし、完全に乾燥した花托では、種は既にこぼれ落ちてしまって収穫できません。

頭は茶色く、茎は上の方だけ乾燥して残りの部分は黄色っぽい半分レアな状態の花托が種の収穫には適しています。

 花托をぶんぶんと振ってうまく落ちてくれるものもありますが、多くは、ちょこっと先端がくっついており、ピックのようなもので外していきます。
その後1週間ほど天日に干して乾燥させます。

さて、実際どのように芽が出て育っていくかといいますと。
まず、発芽し易い様にとがってない方(お尻)にペンチなどで切れ込みを入れます。

切れ込みを入れた様子

切れ込みを入れた様子

 写真は、水に入れて7日目の様子です。

水に入れて7日目の様子

水に入れて7日目の様子

3日目に発芽し、7日目には5センチにもなりました。ぐんぐん伸びていっております。

力強く育つ6月の蓮畑を思えば、この成長ぶりも納得できるものです。

 みなさま、大きな花を咲かせる小さな芽を育ててみませんか?

TOP