2018 年 7 月のアーカイブ

« 古い記事へ |

蓮開花状況⑩ ※満開です

2018 年 7 月 19 日

7月19日(木)午前8時の蓮の様子です。
まだまだ満開が続いています!

何をするのも暑い中、蓮は暑さなどまったく気にせず、
空を目指し、涼しげに、元気に、きれいに花開いています。

毎日本当に暑い日が続きますね。
毎日毎日最高気温が更新されているようで、「暑い!」という言葉しか出てこない…

ニュースでは
「不必要な外出は避けるように」
などと言われるほどの暑さのようですね^^;

高校球児たちも夢の甲子園目指して、照り付ける太陽と戦いながら
熱戦を繰り広げています。

頑張ってる姿を見ると思わず目頭が熱くなりますね。

石仏の蓮畑ですが、すぐ近くまで車で行くことができます。
暑い中ではありますが、今しか見られない蓮を見に、是非お越しください!

帽子、日傘、飲み物など、熱中症対策をしっかりお願いします!

カテゴリー: 石仏ブログ | コメントは受け付けていません。

蓮畑について (開花最新情報は右下のブログ記事へ)

2018 年 7 月 18 日

国宝臼杵石仏の石仏公園には約4400平方メートルの蓮畑があり、
大賀蓮を中心に、5種類の蓮が咲いています。

仏の里には蓮の花が似合うということで、市内のボランティアグループ
『はないちえ』 のみなさんが中心となり、地域の方々の協力のもと、平成12年に植えられました。

数が少なくなっている花もありますので、すべての種類を写真と共に
紹介します^^

上の写真の蓮は大賀蓮(おおがはす)といい、石仏の蓮畑では一番多い種類です。
全体的に濃いピンクの花びらが特徴です。

昭和26年に植物学者の大賀一郎博士が2000年前の縄文遺跡から種を発掘したことにより
この名前が付けられた、世界最古の蓮です。

次に上の写真は、酔妃蓮(すいひれん)といい、上の大賀蓮に比べ花の色が
全体的に薄く、花びらの先端や縁取りがほんのりピンク色になっています。

「ほろ酔いの妃がほほえんでいるように見える」ということから
この名前がついたと言われています。

そして上の写真は「八重茶碗蓮」です。
花びらが幾重にも重なり、大賀蓮や酔妃蓮よりも濃い赤色をしています。

小さい花でも120枚ほどの花びらを携えているそうです。
石仏の蓮畑の5種類の中で最初に植えた蓮のようです。

そしてこちらの花は沙羅(さら)といい、花びらはすべて綺麗な白一色です。

石仏の蓮畑には数があまり多くありませんが、緑の葉っぱとピンクの蓮の中に
輝く真っ白い花は、とても目を惹きます。

最後に上の写真は、今年最初に顔を出した蓮ですが
「赤心」ではないかと思います。
(定かではありません^^;)

元々赤心は数が少なく、ほとんど見たことはありませんでしたが、
今年咲いた花がどの蓮よりも色濃く、真っ赤に主張していたので、赤心ではないかと思います。

一度にすべての蓮の種類を見ていただくことは難しいと思いますが、
是非、仏の里の蓮の花を見に来てくださいね!

カテゴリー: ピックアップ | コメントは受け付けていません。

蓮開花状況⑨ ※満開です

2018 年 7 月 18 日

7月18日(水)午前8時の蓮の花です。
まだまだ満開が続いています。

たくさんのお客様にお越しいただき本当にありがとうございます。
早い方は朝4時頃から来られている方もいるようです。

蓮は午後から花を閉じてしまうので、是非午前中のうちに
お越し下さいね!

蓮畑周辺は影がありませんので、日傘や帽子、飲み物など、熱中症対策を
忘れずにお願いします!

カテゴリー: 石仏ブログ | コメントは受け付けていません。

蓮開花状況⑧ ※満開です

2018 年 7 月 17 日

本日7月17日、朝8時の蓮の状況です。
まだまだ満開が続いています。

朝早くから暑い中、本当にたくさんのお客様に見に来ていただいています。
ありがとうございます!

蓮を見に来られる方は午前中のうちにお越しくださいね!

帽子、日傘、飲み物、熱中症対策を忘れずに!!

カテゴリー: 石仏ブログ | コメントは受け付けていません。

蓮開花状況⑦ ※満開です

2018 年 7 月 15 日


7月15日、午前8時の状況です。ご覧のように、満開中の満開です。
強く照り付けるに太陽に応えるように、花も一段と高く鮮やかに見えます。

今年は、主流の「大賀蓮」以外の種類の蓮も目に付きます。
写真は、花びらが幾重にも重なった「八重茶碗」という種類の花です。

八重茶碗

本日は、蓮まつりのイベントも開催され、大勢のお客様で賑わっていました。

毎月第一日曜に開かれる、ほんまもん農産物市場「ひゃくすた」も、
本日は特別開催されました。

その中で、こんなめずらしものが売られていました。

「食用ほおずき」です。
普通のほおずきの10分の1ほどのミニチュア版。

皮をそおっと剥がすと、銀杏のような黄色いつややかな実が現れます。
そのまま食べてみると、トマトのような酸味と、南国の熟す前のフルーツのような青い瑞々しい味がしました。

ビタミンAや鉄分を含み、抗酸化作用があるそうです。
さて、今日も暑くなりそうですが、体にいいものを摂取し、涼しいうちに運動して夏バテ防止に努めましょう。

食用ほおずき

カテゴリー: 石仏ブログ | コメントは受け付けていません。

Next Page »